2019年01月26日~アクティブ・ホープを生きる~

このブログはメールマガジン「与贈工房通信」を発行している「与贈工房」メンバー“佐藤さわ”が編集後記として書いたものを転載しています。

編集後記

与贈工房の佐藤さわです。

先日、「アクティブ・ホープ」という本のオンライン読書会第1回に参加しました。
この界隈wのかたにはおなじみだと思います、例のオレンジ色の本です。

最初に読んだのは忘れもしない2015年秋です。

田原さんに、「代わりに行ってよ」と言われて参加した福島ラーニングジャーニーの
事前課題だったため、
集合時間直前までかかって必死で読破しました。
(当時はまだ、言われた課題をやらないで参加する、なんていう選択肢は、
絶対ありえないような優等生ちゃんだったんです。
・・・変われば変わるもんだw)

あれから3年ちょっとです。
実は、ちゃんと読み返すのはあれ以来はじめてなのですが、
なんとも「アクティブ・ホープ漬け」の3年だったのだなぁとしみじみしてしまいました。

2016年からは福島ラーニングジャーニーの実行委員になったので、
毎年そのワークに触れたというのもあるのですが、
それだけではなく、
福島ラーニングジャーニーで出会った仲間たちと、
NPOなどでも濃ゆく濃ゆく活動してきた3年だったので、
自分で意図しなくても、
「アクティブ・ホープ」に触れさせていただいてきたんだな、と感謝がわきました。

以前、「NVC(非暴力コミュニケーション)」の講師であるMikiさんが、
「NVCを知っているとか、使う、とかではなく、NVCを生きる」ということをおっしゃったのをふと思い出して、
私も、
「アクティブ・ホープ」を知っている、とか、読んだことがある、とか、
ワークに参加したことがある、とか、ワークを使う、ではなくて、
「アクティブ・ホープを生きる」としたら、それはどういうことだろうか、
という問いがわいてきました。

読書会は、4月まで続きます。
これからがとても楽しみです。

メルマガ登録